余裕のある返済計画を立ててから高い買い物にローンを組む鉄則

既に20年ほど日本はデフレ経済が続いていてサラリーマンの給料は減少傾向を示しています。中には企業の事業不振でリストラに遭ったりする人も増えています。また、雇用面では非正規社員の増加が続いていて収入が日常生活を送るのに必要な額に満たないため、生活苦から若い人でも生活保護を受ける人が増えているようです。収入より支出のほうが多い生活環境に置かれた人で預貯金が十分になくても大きな買い物をしたいと思ったら、住宅ローン、教育ローンあるいはカーローンなど、簡単にローンを組むことができるので利便性の高い社会であることは確かです。しかしながら、ローンを組むにしても自分や家族の将来のことを考えて収入との対比を時系列的に追うくらいの計画性を持つことが必要不可欠な時代です。多重債務に苦しんでいる多くの人のことを他人事と思ってはならないのです。考え抜いてもローンを組んで買い物をしなければならないと決断したら、ローン返済開始後、日常生活に必要な金額+アルファーが手元に残ることを確認してからローンを組むべきです。ローンの返済方法も一括払いや分割払いあるいはリボルビング払い等が用意されていますが、利息を含めて自分の収入に応じて返済できる目途に余裕を持っていないと、今のようなデフレ経済下で収入の増える見込みの少ない時代には賃金カットや家庭内の臨時支出等により計画していた返済額に滞りが生じてしまい、あっという間に返済不能に陥りかねないものです。ローンを組む時に貸し手はニコニコ顔ですが、返済が滞りだして取り立てる時は非常に厳しい態度に豹変するものです。

RECOMMEND