ローンを借りる前にまずは返済計画を立てる。

ローンを組む時例えばマイカーロンや住宅ローンなどを利用する場合返済計画を立てて、返済のシュミレーションをしてからローンを組むことをお勧めします。計画を立てることによって無謀な借り入れであることを知ることができるかもしれません。またその計画から自分たちにとってできる範囲の借入金額を設定してこうにゅうするじゅうたくなどを選択できるでしょう。返済計画を立てる上でまず必要なのは年収です、その中でも返済に回せる金額の特定です。例えばマンションの家賃をそのまま返済金額にスライドすると言うこともあるでしょう。夫婦2人の年収を合算してそれを返済原資にする場合は将来子供ができるとかと言ったことも想定しなければなりません。その際の返済金額を考えると余裕をもった返済金にすることが大切です。生活環境の変化はそのまま返済条件の変化になることが往々にしてあります。その時融資の条件変更などで済めばいいのですが、返済が滞って任意売却などの手段を取らなければならないケースも出てきます。がちがちの返済をして生活が楽しいかどうかも考えなければなりません。返済計画の中である程度の余裕を持つことが大切です。またそのような計画は銀行にとっても好ましいものです。不良債権になる確率が低いからです。住宅を所有すると言うことは賃貸と違って固定資産税も発生してきます。ローンの返済計画を立てる場合はそのような新たに発生する費用も当然考慮しなければなりません。

RECOMMEND